読書初心者向け

やる気が続かない方に読んでほしい「人生を変える心のブレーキの外し方」

今回、やる気を継続する方法が知りたい方にオススメするのは「人生を変える心のブレーキの外し方」という本です。

この本は、なぜ今まで目標を達成できなかったのか、どうしたら達成できるのか、誰も教えてくれなかった、ずっと知りたかった目標達成において本当に大切なことだけがぎゅっと詰まった一冊でした。

まさになりたい自分になるために何のスキルもいらない、誰にでもできる方法にして確実に目標達成できる方法だと思いました。

この本を読むことによって、これからの人生どんなことでもずっと使える自分を向上する方法、目標を達成する方法がわかりました。

本にあった「人脈も知識も経験も実績もいらない。ただ自分にはできるという根拠のない自信があれば夢や目標は実現できる」という言葉には驚きと同時に希望が持てました。そして、「どうやったらその根拠のない自信が持てるのか」というずっと知りたかったことの答えも知ることができました。

この本はまさに人生で自分を上高めるためには必須です。

この一冊さえあれば、どんな目標も達成できるのではないかと思います。それぐらい大切な、目標を達成し人生を変えることのできる「カギ」となることが書いてあります。

 

この本は

やる気が続かない

人生にいきずまり、悩んでいる

達成したい目標がある

このような思いのある方にオススメです。

「人生を変える心のブレーキの外し方」について

ページ数:149ページ

読了時間の目安:1時間半

著者:石井裕之

この本の著者石井裕之さんは、セラピストとして有名な方です。

人間関係、ビジネス、恋愛、教育などあらゆるコミュニケーションに生かせて、誰にでも簡単に実践できるテクニックを講演などで公開されています。

内容はとても濃い本ですが、ページ数が少ないのですぐに読み終えられます。人生に立ち止まってしまった時にサッと読める本です。

それで置いてとても読みやすいです。石井さんの本は基本的に読みやすいと感じています。

なので読書初心者の方や読書が苦手な方にもオススメです。

やる気を継続できる方法①すぐに行動に移すこと

この本で学んだ、やる気を継続させる方法の1つ目は「すぐに行動に移すこと」です。

よく、感動する映画や、やる気の出る映画などをみて

「よし!これから私もこの主人公のように温かみのある人になろう!」、「私もこうしちゃいられない、こんな風に変わろう!」

など何かしらの刺激をもらえますよね?

本でもそうです。読み終わった後

「いい本だったなぁ。よし!私もこれからは〜するぞ!」

と決心したものの3日後にはもうそのことを忘れてしまっていたり、実行できていなかったり…

そんな経験はありませんか?しかし、それではやる気は継続できないのです。

この本によると、やる気を継続するためには「必ず気持ちが高揚している間にすぐに行動に移す」必要があるのです。

なぜなら感情というものは放っておいたら消えてしまうからです。

では、どうすれば放っておいたら消えてしまう感情を定着させることができるのでしょうか?

消えていく感情を定着させる唯一の方法、それは「その感情を行動に変えること」なのです。

それもすぐに。気分が高揚したらその場で行動に移すことが大切です。”そのうち”というのは訪れません。

それにしても、放っておいたら消えてしまう感情を、行動をすることによって定着できるのはなぜなのでしょうか?

例えば、感情を感じたことの表現として「私は感動した」「俺はキズついた」などという言い方をします。

しかし、よく考えてみると、それは”私が”能動的に感動したわけではなく、外側からの刺激によって感動させられたのですよね?

つまり「私以外の何かによって”感動させられた”」ということです。

このように、感情とは通常は受動的なもので自分以外の何かによって自分が感じさせられているに過ぎないのです。

だから、感情を動かしてくれる”何か”がなければ、あなたは自分の意思で感動したり興奮したりできないわけです。

感情は受動的な体験ですが、行動は能動的な体験です。ここがポイントです。

感謝の気持ちを感じた時、「ありがたいなぁ〜」と思います。しかしそれはあくまでも”感じさせられた”感謝に過ぎないので、数日もすれば消えてしまいます。

しかし、そのお返しにプレゼントを贈るという”能動的な行動”に変えることでその感謝の気持ちを”自分自身のもの”にすることによって心に定着させることができるのです。

放っておいたら消えてしまう感情をしっかり掴み取って自分のものにするには能動的な行動に変える、やる気を継続するためには外側からではなく自分から行動するしかないのですね。

やる気を継続できるコツ②小さな行動から始めること

やる気を継続できるコツは、「行動すること」とお伝えしました。

では、その行動とはどんなものから始めればいいのでしょうか?

やる気を継続できる方法の2つ目にご紹介するのは「小さな行動から始めること」です。

私は、今まで完璧主義なところがあったため「行動」というといきなりハードルの高いところからやろうとしてしまっていました。

そして結局体力的に続かず、いつの間にかやめてしまうというループにはまってしまっていた時期があります。

しかしいきなりハードルに高いことをすることは本当に逆効果で、この行動というのは、本当に小さなことで構わないそうです。

なぜかというと私たちの本能には、急激な変化に対して前の状態に戻ろうとする「現状維持メカニズム」が働こうとするからです。

何もこの本能は嫌がらせをしているのではなく、今安全にいる場所から変化することを恐れて、私たちの身を守ろうとしているのですね。

なので最初は前の状態に戻ってしまわないためにも、小さな変化を起こし、少しずつ慣らしていく必要があるのです。

なので、早くと焦る気持ちはよくわかりますが最初から無理をすることは、結局遠回りになりますので、最初は無理なく始めることが大切です。

やる気を継続できる方法②何ならできるのかを考える

やる気を継続できる方法の3つ目にご紹介するのは「何ならできるのか」を考えること」です。

「どんな状況にあったとしても”今、できること”だけを考え、それを実行する」

本当にそれだけですが、とてもとても大事なことです。

 

過ぎたことを恨むのでもなく、先のことを心配するのでもなく、いつも”今、この瞬間にできること”を考え、それを実行することの繰り返しで人生は変わります。

とにかくなんでもいいから、感じたすぐ後に行動することがやる気を燃やし続ける秘訣です。

気持ちが高揚している時は行動することもさほど苦ではありませんし、それが何でもいい、どんなに小さなことでもいいなら何かしらできることはあるはずです。

 

今回は、やる気を継続する方法が知りたい方にオススメの「人生を変える心のブレーキの外し方」をご紹介いたしました。

要点まとめ

すぐに行動に移すこと

小さな行動から始めること

何ならできるのかを考える

やる気が続かない、目標達成や人生に悩んでいるという悩みがある方はぜひ読んでみてください!