読書初心者向け

セルフイメージを変えたい方にオススメの「読むだけで夢が叶う!イメージングブック」

今回セルフイメージを変えたい方にオススメするのは、ジョイ石井さんの「読むだけで夢が叶う!イメージングブック」です。

私は、いろんなセルフイメージを変える本を読んできましたがこの本が一番わかりやすく、個人的に心に刺さる言葉が多いと感じました!

そして内容を実践することによって、今までいろんな方法を試してみても改善しなかったセルフイメージを見事に変えることができ、生まれ変わったように人生の再スタートを切ることができました!

この本は

理想の自分になりたい

願望を実現したい

という思いのある方にオススメです。

「読むだけで夢が叶う!イメージングブック」について

ページ数:205ページ

読了時間の目安:2時間半

著者:ジョイ石井

この本は、イメージを使ったカウンセリングを通して問題解決や夢実現のお手伝いをされているジョイ石井さんが「イメージング」という方法を使って理想の自分になる方法を紹介しています。

そのカウンセリングの経験から、

「私たちは誰でも夢を叶えることができる」

私たちには、夢を叶えるためのシステムが生まれた時から備わっている

という絶対的な1つの結論であり真実にたどり着いたそうです。

この本にはその夢を叶えるために役立つ方法がたくさんまとめられています。

セルフイメージを変える方法①理想の自分をそのままセルフイメージにしてしまおう

セルフイメージを変える方法の1つ目は「理想の自分をそのまま自分のセルフイメージにしてしまう」ということです。

このセルフイメージとは、自分が自分自身に対してどう思っているかというイメージのことです。

セルフイメージには「私って、歌を歌うのが上手い」、「私はよく自分はよく個性的だと言われる」など、自分で勝手に思っているセルフイメージもあれば、他人に言われることによって定着してしまったセルフイメージもあります。

そして実は私たちは、このセルフイメージで「自分」を作っていて自分が抱いているセルフイメージ以上の自分にはなれないのです。

ということは、どんなに素晴らしい夢を抱いても、肝心のセルフイメージが低くては、夢はいつまで経っても叶わないということなのです。

「でも、現実に私はこうなので無理です…」という声が聞こえてきそうですね。しかし私たちは自分に対する思い込みや決め付けが強いのです。

そのセルフイメージは一体どこまで本当なのでしょうか?

よく「自分には自信がないという悩みを持つ人」がいますが、果たして自分に自信のある人は一度も失敗したことがないのでしょうか?反対に、自信のない人は一度も成功したことがないのでしょうか?

自信というものは、そもそも根拠のないものなのです。

自信がない人は「過去の自分はこんなにもダメだったから」と過去の失敗にいつまでもとらわれ、今の自分を低くみてしまっているだけなのです。

たとえ、たまたまうまくいったことだったとしても、たまたまうまくいかなかったことだったとしてもその人の解釈次第でその後の未来は大きく変わります。

セルフイメージ以上の自分にはなれないという大法則がある以上、セルフイメージが低ければ理想の自分にはなれないのです。

ではどうすれば理想のセルフイメージを手に入れることができるのでしょうか?

「私たちは今のセルフイメージに合わせて、未来の自分をつくっている」とお話ししました。

ということは、その理想の自分こそ、自分のセルフイメージに変えてしまえばいいということです。

自分が「こんなふうになりたい」と理想として掲げる自分をそのまま「これが自分だ。自分はこんなふうなんだ。」というセルフイメージにしてしまうのです。

そもそも今のあなたという実態を作っているものがイメージなのだから、そのイメージを変えれば「あなた」という実態も変わる<ということなのです。

セルフイメージを変える方法②昨日までの自分をリセットする

セルフイメージを変える方法の2つ目は「昨日までの自分をリセットする」です。

今現在の自分を低くみてしまっている人は、過去の経験や言われたことを引きずっていることがほとんどだと思います。

そこで考えていただきたいのは、あなたは過去の出来事で悩んでいるのではなく、それをどう受け止め解釈しているかで悩んだり苦しんだりしているということです。

過去に起きた出来事は変えられなくても、その解釈を変えることによって、その過去その物が変わったと思えるようになるのです。

そもそも思い出とは、事実とは関係なくその人の中にある感情を伴ったイメージなのです。

なので、「その過去=私のとって辛いこと」というセルフイメージを捨てて「その過去=今の私を苦しめるものではない」という新しいイメージに置き換えてあげるのです。

改めてその過去の出来事を思い浮かべた時に、他にどんな解釈があるか考えてみてください。

例えば私の場合だと、学生の頃男子に容姿についてひどい言葉を言われ、とても傷つき心に深い傷を負いました。

それから何年もその言葉や情景が思い浮かび、何をするにも完全に自信をなくしてしまい、しまいには「自分はダメなやつなんだ。」と考えるようにまでなってしまいました。

しかし、その反面「美しくなること」への執着は強くなり、この人生においての大きな目標ができました。

そしてそれからは沢山の本や情報を読み漁るようになりました。そのおかげで年月が経つたびどんどん美しくなることができました。

もしあの時、あの男の子がそんなことを言ってこなかったら、「美しくなること」に対するこのワクワクや人生の生きる歓びや活力はあったでしょうか?

「美しくなる」ことを目指した結果出会えた素晴らしいたくさんの本、人などの出会いはあったでしょうか?

前よりも美しくなれたのはあの子のおかげだと、今では本当に感謝しています。

そしてさらに、「言われた人はこんなに傷つくんだ」という人の気持ちがわかるようになったことも、これからの人生大切な人と関わる上で知ることができてよかったと思っています。

このように、1つに過去の出来事からいろんな解釈をしてみて、どれだけの解釈があるか考えてみてください。もしかすると、そのことがあったおかげで受け取っていることも多いのではないでしょうか?

起きた出来事は変えられませんが解釈は自由に選べます。

変えられないことではなく、変えれること、自分でコントロールできることに目を向けていきましょう。

セルフイメージを変える方法③まわりの影響から作られたセルフイメージを変える

そして、セルフイメージを変える方法の3つ目が、「まわりの影響から作られたセルフイメージを変える」です。

私たちのセルフイメージを低くする影響としてまず初めに考えられるものは、親からの「しつけ」です。

「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい!」、「女の子なんだからもっとおしとやかにしなさい!」、「お前は頭が良くないんだから、人一倍勉強しろ!」など、親は自分の子供の将来を考えて行儀よくいい子に育てるためにしつけをします。

しかし小さい頃ほど素直なので親の言うことが正しいと思ってしまいます。

そうなれば「自分=我慢する人」「自分=おとなしい人」「自分=頭が悪い人」というセルフイメージを持つきっかけになってしまうのです。

そして、親や家族だけではなく、学校の先生や友達からの影響も受けます。

「君ってこうだよね」という友達の何気ない一言によって「そうか、自分はそうなんだ」とセルフイメージを設定し始めるのです。

そうやって私たちは、大人になり、社会に出る頃には確固たるセルフイメージを持ち、その設定したセルフイメージに合わせて考えたり、行動したりするのです。

すると、その都度さらにセルフイメージは上書きされ、強化されていき、それが今の自分に至ります。

なので『これからどうしていきたいのか』を基準にセルフイメージを設定し直していくことが大切なのです。

セルフイメージを変える方法④自分が手に入れたい願望にのみ意識を向ける

セルフイメージを変えるため方法の4つ目が「自分が手に入れたい願望にのみ意識を向ける」です。

イメージングで一番大切なのは、今の自分からするとどれぐらいできそうかなど今の自分を基準にするのではなく、ただ「どうなりたいか」をイメージすることが大切です。

「でもどうやって?」と、そのゴールに至るまでの手段は考える必要はないのです。ただその結果だけをイメージします。

もし欲しいものがお金の場合は、その金額よりも、そのお金を使ってどんなことがしたいか、どんな気分を味わいたいかをイメージするのです。

あくまで自分が手に入れたい結果にのみ、意識を向けることが大切なのです。

そして、そのとき『良いイメージを思い込もうとしないこと』も大事なポイントです。これはどういうことかというと、

思い込もうとすることと思い込んでいることは全く違うからです。

よく願望実現の方法として、アファメーションというものがありますよね、「私は成功するんだ」「私は成功するんだ」「私は成功するんだ」と自分に暗示のように言い聞かせ、願望を実現するという方法です。

私はこの方法自体は実際にうまくいった方も多くいらっしゃるので悪くないと思いますが、必死で自分に言い聞かせ思い込もうとするほど「そうではない自分」という正反対のセルフイメージを強めてしまうのです。

セルフイメージを変える方法④「もしも憧れの人だったらこんな時どうするだろう」と考える

セルフイメージを変えるために役に立った方法の5つ目は「もしも憧れの人だったらこんな時どうするだろう」と考えることです。

そのためにはまず自分がどんな人物になりたいのかをイメージすることが大切です。

魅力的な自分になりたいのなら、誰に、どんな人に魅力を感じるのかをしっかり観察し、なりたい自分像をイメージしていくのもいいですね。

目標が決まったら、「その人物ならこんな時どうするだろう?」と一度選択や行動をする前に考えてみることもなりたい自分になるためには有効です。

もし1人の人物をイメージするのが難しかったら、顔は芸能人の〜さんで、体のこのパーツは〜さんで、性格や雰囲気はこの人!のように自分の好みのイメージを組み合わせてみてもいいですね。

すでにこの人のようになりたいという目標があればその人のするであろう選択や行動がなんとなくでもわかるかと思います。

人生とは選択と行動の繰り返しです。何を選択するかによって全然違ってくるのです。

何かを選択する時一旦立ち止まって、「憧れのあの人だったらこんな時どうするだろう?」と考えてみるのはオススメの方法です。恋愛や美容・ダイエット、仕事など人生全般に使えますね!

 

今回は、セルフイメージを変えたい方にオススメの「読むだけで夢が叶う!イメージングブック」をご紹介しました!

要点まとめ

理想の自分をそのままセルフイメージにしてしまおう

昨日までの自分をリセットする

まわりの影響から作られたセルフイメージを変える

自分が手に入れたい願望にのみ意識を向ける

「もしも憧れの人だったらこんなときどうするだろう」と考える

 

セルフイメージを変えたいと悩んでいる方は是非読んでみてください!