読書初心者向け

引き寄せの法則で上手くいかない方へ。わかりやすいオススメの引き寄せの法則の本

今回引き寄せの法則がうまく理解できない方にオススメの「妄想は現実になる」をご紹介致します。

私もこの本を読むまでは本当に曖昧なままで真に理解できたと感じられませんでした。

しかし、今まで引き寄せの法則を理解できなかった私も、本にあるように妄想を実践してみることで、たくさんの欲しかったものを手に入れることができたり、憧れの場所に住むといったような夢が叶いました!

この本は

いろいろな引き寄せの法則についての本を読んでみたけど、やっぱりよくわからない。

引き寄せの法則を使って願いを叶えたい。

引き寄せの法則ってそもそも本当にあるの?

そんな想いや悩みを抱えている方にオススメです。

「妄想は現実になる」について

・ページ数:223ページ

・読了時間の目安:2時間

・著者:かずみん

この本の著者であるかずみんさんは、引き寄せの法則で有名な奥平亜美衣さんの本を読んだことをきっかけに、今まで自分が無意識のうちに引き寄せの法則を使っていたことに気づいたそうです。

そして驚くことに、これまで引き寄せの法則を使っている自覚はなかったものの、好きになった人とのデートを妄想することで、なぜかそれがいつも現実になり、今までの恋愛は100%叶ってきたそうです!

それだけではありません。その昔から得意だったという「妄想」を使って念願の本の出版まで引き寄せたのだそうです。

今回はそんな引き寄せ実体験の豊富なかずみんさんが提唱する、「ちょっとアホになる、妄想引き寄せ法」をご紹介したいと思います。

願望を引き寄せるポイント①妄想の中ですでに叶っちゃった自分になる

この本から私が学んだことの1つ目が「妄想の中ですでに叶っちゃった自分になる」ということです。

誰でも、こんな風になったらいいな〜と思うことありますよね!今のあなたの願いは何ですか?

「宝くじに当たりたい」「理想の家がほしい」「素敵な恋人がほしい」「こんな自分になりたい」など人それぞれいろんな願いがあるかと思います。

では、願いが叶ったらどんな気分でしょう?

「すごく嬉しい!」「とても幸せ!」「もう何もいらないくらい最っ高の気分!」

考えるだけでワクワクしますよね!

実はその「こうなったらいいな」という世界。それを自分のもとに呼び寄せることは誰にでもできるそうなのです!

その方法とは

願いが叶っている世界の住人になること=願いが叶った自分になって生活することなのです!

願いを叶える前から、願いを叶えた自分が感じているであろう「幸福感」や「安心感」「ウキウキ感」を感じること。

そう、叶ってない今から感情の先取りをするのです!

そして、部屋で過ごしているときも、買い物に出かけているときも、誰かといるときも何をしている時でも、もうすでに「なっている自分」でいるということです!先に叶っている自分で過ごすことによって「願いが叶っている世界」は今の現実にどんどん重なってきます。

この感情の先取りこそが、それと同じ波動を持つ出来事を次々と呼び寄せてくるのです。

全く難しいことを考える必要はなく、ただ、今理想が叶っていたら…と妄想してください。

「うふふ〜」とその世界に浸っていると自然に顔がにやけてきます、そう、それで大成功なんです!

妄想の世界は自分以外誰にも見えないので、本当に正直に自分の理想の世界を妄想することが大事です!妄想の世界に正解などありません、自分の心が幸せを感じたならそれで大成功です!理想の自分でも、恋愛でも、自分が好きなシチュエーションで好きなようにやっちゃいましょう!

そうやって妄想しながら幸せな気分に浸っていると、「これしたい!」「これやってみようかな」とか何かひらめきがあったり、自然に行動したくなる時がきます。

私の場合、妄想の中ではすでに理想の自分になっているので現実が追いついていないという違和感が気になり、早く行動したくて、いてもたってもいられなくなってしまいます。

行動したくてその時にしたくなる行動は、自然にその理想につながることだったり、妄想することによって引き寄せたことだったりするので、すぐに行動に移すことをお勧めします!

願望を引き寄せるポイント②一番臨場感の強い意識が現実になる

そしてもう1つ、私がこの本を読んで学んだことは「一番臨場感の強い意識が現実になる」ということです。

確かに現状を見てみると、前日とあまり変わりなかったり、自分が考えている通りの景色だったりします。つまり、一番臨場感が強いからです。

過去に起きた出来事や今現在この現実で起こっていることは当然リアルで臨場感たっぷりですよね。なので、気がつけばいつも通り現実を見てしまいがちです。

引き寄せの法則を実践される方でもこんな悩みを抱えている方は本当に多いと思います。私もこの「現実を見てしまう問題」にとても悩まされた一人です。

確かに現実には反応してしまいます。しかしそうなると、引き寄せの法則はまた同じ現実を呼び寄せてしまいます。意識せずに放っておくと現実は現状維持に流されてしまいがちです。

ではどうすれば理想を現実にできるのか。

「そもそも現実ってどうやって作られているのか?」

実はこの「現実」というのがどうやって作られているのかというと、それは「一番臨場感の強い意識」なのです。

脳は「一番臨場感の強いもの」を「現実」として認識します。

そして「脳」は、一番臨場感の強いと感じたものが「現実」であれ「妄想」であれ区別がつかないのです。とにかく嘘でもいいから臨場感たっぷりにやってみればいいということですね!

しかし、そうは言っても過去に起きたことや現実は確かにリアルなので、反応してしまいますよね。

でもそれはしょうがないですし、それでいいのです。

大事なのはその後で、望んでないことが起きたり、願っていることとは真逆のことが起きたとしても、「ふーん」ですましてみるのです。

望んでいる現実以上に望んでない現実に意識を向けてしまうとそれが引き寄せられてきてしまうので、「過去」や「今」よりも、「こうなったらいいなの世界」を臨場感たっぷりに感じるのです。

反応してもいいので、望んでない今の現実は「ふーん」とちょっと横に置いておき、グイッと願いを叶えた現実を手繰り寄せる感覚で戻りましょう!

今の望まない現実に反応しそうになったら「おっと間違えた!」と「願いを叶えた私」や「望む未来」に意識して戻る。その繰り返しです。ここだけ頑張る必要があります。

今までそのままの現実に反応する癖がついてしまっているので、これは、本当に意識しないとできません。私もここが一番苦労しました!

特に、理想に近づいている景色が見えない最初の段階は少し難しく感じるかもしれませんが、1日に少しからでも「こうなったらいいなの世界を妄想する」ことが大事です。そしてそれに伴い、使う言葉も少しずつからでいいので願いを叶えた自分がいう言葉を口にしてみてくださいね。

とりあえず、今の現実は横に置いておき、妄想の世界に入り、すべての願いが叶った私になりきって妄想を楽しんでください!

この本には、恋愛についての引き寄せも多く載っていて、私も昔から好きな人ができると自然に妄想していたので引き寄せの方法の例としてはわかりやすかったです。皆さんも自然に昔、好きな人ができた時妄想していませんでした?それぐらいほわ〜っとでいいんです。

あと、私にもあることなのですが、無理して妄想する必要はないです。誰にだってそういう気分ではないときとかありますよね?

引き寄せの法則とは、「自分がより多くの時間感じているもの」を引き寄せますので、嫌な気持ちで無理にやると逆効果です。そうではなく、妄想が気分でないのなら、なんでもいいから自分の気分が良くなることをやるのです。

美味しいものを食べるのが好き、特にシュークリームが好き、歌を歌うことが好き、踊ることが好き、個人的に気分が上がる、または笑えるDVDなど、いい気分になれることならなんでもいいです!

そのためには自分はどういったものが好きかを知る必要があります。今までの経験やこれから試してみることなど、どんどん幸せな現実を作っていくためにできる限り幸せや喜びを感じる時間を増やすようにすることが大切です。

引き寄せの法則は、感情に反応するので、何を思い浮かべるかよりも、どんな気持ちで思い浮かべるかが大事なポイントです。

 

今回は、引き寄せの法則で悩んでいる方に「妄想は現実になる」という本をご紹介しました!

要点まとめ

妄想の中ですでに叶っちゃった自分になる

一番臨場感のある意識が現実になる

 

引き寄せの法則について悩んでいる方はぜひ読んでみてください!